アーサーの手術と結果

文章ちょっと長くてスミマセン(汗
前回、記事をアップした翌日はアーサーの手術日でした。
家は半年に1度5月と12月にドッグドッグ、普通の健康診断よりもちょっとだけ細かい検査しています。
アーくんもエルも立派なシニアなのでねぇ。で、5月にDogドッグを受けて、エルは健康優良児の太鼓判もらい
アーサーも血液検査、レントゲン、尿検査も問題なくホッとしていたらエコー検査で脾臓がちょっと、、
ということでエコー画像を見ながら先生の説明を聞いていたら、脾臓に気になるものがあります、と。
腫瘤か腫瘍なのか良くない所があり、脾臓は血管が集まっている臓器なので他の臓器と違い、細胞診は難しいとのこと。
異常が見られる以上、針を刺した場合に出血しかねないため細胞診は危険を伴うといわれました。
それと脾臓に出来たものがたとえ良性のものでも悪性はもちろんのこと、摘出するほうが、と言われ
息が止まりそうでした(汗

それ以降、色々と考えたのはもちろん。もしも温存できるのだったら、、とも考えたり。
2週間に1度くらいエコー検査を続けていましたが、様子見をしている間に膨らんでいる所が破裂して
出血でもしたらと思ったら、、ともう怖くて怖くてね。。。今の状態は、、と何度先生に電話でお聞きしたことか。
6月28日。アーサーはお留守番させて先生にはお時間をもらって話し合いに行ったりもしました。
そういうのも快く受け止めてくださり、説明を聞きながら心は決まったな、、、と納得できる内容でした。
様子を見ながらでも温存していたら血管肉腫になる確率が非常に高く、リンパ腫になることも。
それにもしも腫瘍だとしたら肥大するのも早く、破裂して出血してしまったら生死を分けることになる、と。

7月9日の再診で脾臓自体にポコッと歪んでいる箇所もハッキリしてきたり、
5月には丸いものが脾臓の前の方に2個、後ろの方に3個程だったのが、少し数が増えていて
その再診日には摘出手術をお願いすると心に決めていたので、先生の予定と私のスケジュールを合わせ
23日に摘出手術となりました。
再診の際に、術前の鎮静剤と麻酔から順調に覚めることができたら、その日にお家に帰れますが、
もしも心配なら入院も可能ですよと言われましたがアーサーの繊細?な性格を考えたらねぇ、
順調に覚めたら家に連れて帰ります!と即答していました^^

無事に手術を終えましたと先生から連絡を頂き、覚醒の具合も良いとのことで夜7時前にお迎えに行きました。
アーサーくん、頑張ったねー!いっぱい頑張ってくれて本当に良い子でしたよ~♪と沢山沢山褒めて下さり、
無事にお家に戻れました! アーサーも家に帰ってきた~、とホッとしているのが手に取るようにわかり
完全には覚めていない麻酔と鎮静剤で、くたくたくた~~、、、なアーくんに、やだ!まさか急変?!なんて
慌てちゃったおかさん^^;いえいえ、、ただ眠くて眠くてなアーサーだったのですけど^^;
様子を見ることしばし。お預けしている間にスイカ買ってきたので小さく切ってあげたら
e0071225_01717.jpg
ゆっくりゆっくり、、、食べてくれてホッと。エルの方が速攻食べ終えてたけど^m^
お水は飲まなかったのでスイカで水分補給できたね。
また時間をおいて、以前お友達から頂いていた鶏のスープ煮をスプーン3杯ほどあげてみたら
e0071225_2343033.jpg
完食っ♪スープ煮を器に入れていたら、はやくたべたいよぉ~~~ってキュンキュン...キュンキュン....鼻鳴きするものだから
思わず笑ってしまったおとさんと私でした^^
e0071225_026372.jpg
何年振りかでサークルを出して術後だから、と入れてみたものの、、ヒンヒンキュンキュン、、スピスピ~・・鳴いちゃって^^;

e0071225_0315044.jpg
結局、アーくんが落ち着く場所、、涼しい玄関で寝ていましたよ。
それでも私たちが何かしら食べると
e0071225_0382375.jpg
エルがスタタタタ~~って小走りするもんだから、まだ足がふらふらしていて何とか・・歩けるという状態なのに玄関から戻ってきて
何かもらえるかも~と一緒に並んでみたり。^^
e0071225_048058.jpg
アーサーくん、いっぱいいっぱい頑張ってくれて本当に良いコでしたね。お疲れさま。。
もう、、くたくた~~、、、なアーくんでした。

24日。昨日の今日なのでさすがに元気はなく、朝イチにストレスによる下痢(先生 談)・・。
e0071225_0522858.jpg
あちこちで寝ていることが多く。でも、食欲はあり!!なのが本当に嬉しくて心からホッとしていました。

25日。日中は前日と変わらず、お昼寝が多かったけれど、歩みは徐々に元に戻りつつあるという感じでした。
e0071225_058711.jpg
そして夜にやっと見られたこの笑顔!!麻酔も取れて傷口の痛みも少~しずつ落ち着いてきたのでしょうか。
嬉しくって嬉しくって、、、♪

27日。
e0071225_164447.jpg
お友だちから頂いたお守りが守ってくれてるのね♪この日もニカニカなアーくんでした!
朝夕のおトイレ散歩では嬉しいな~な時もあり、ゴロンゴロンもしていたし(笑)
日に日に元気を取り戻しているのがわかるほど。動物って本当にすごいね~とおとさんと話すこと何度も^^

術後1週間、30日再診。術後の傷の具合と摘出した脾臓を病理検査に出したので結果がわかる日。
5月に脾臓の構造変化が見られた以降、悩みに悩んだ摘出手術。無事に済んで心から安堵していたものの、
検査の結果が一番怖かった。
ふとした時に悪いものだったら、、、と沈んだりしたけど、いや!術前の血液検査でも、どっこも悪い所なかったし
アーくんなら絶対大丈夫!と打ち消したり、だったので
先生から、良い結果でしたよ!大丈夫でした!と報告を聞いたとたん、おとさんは歓喜の声^^
私はアーくんをギュ~ッと抱きしめて涙涙でした。
良かったー!本当に良かった!!もうね、うれし涙でございました。

脾臓の複数の結節部で血管の拡張が起きていて、おそらく局所的な循環障害とのこと。
悪性所見を示す病変や腫瘍性の病変は認められませんでした、という結果でした。

悪性ではなくて本当にほっとしました。
アーくんまだまだ元気でいくよー!目指せ二十歳!だものね。
e0071225_1395836.jpg
良い結果にほっとした翌日。こんなに可愛い笑顔のアーサーくん♡ 
今までも出来ることを頑張ってきたけれど、これからのアーくんの体に合わせたご飯作りも頑張らなくちゃね。
抜糸は術後2週間以降なので、激混みの土日を避けて来週の平日にしようかなと思っています。

本当に良い報告ができて良かったー!
Commented by こーうぶmama at 2016-08-04 09:00 x
ドキドキしながら読み続けましたが、無事に手術が済んで何よりでしたね
それにアーくんの目に「力」と「輝き」があって、もぅ大丈夫!と思いました
身体のどこかが悪くなってもオカシクない年齢に近づいて
今まで以上に飼い主が我が子の変化に敏感にならなければいけないですね

今年はワタシの周りでお別れした子が多かったのですが
アーくんの復活?を期に、今年後半は良いことを願いたいです

残暑厳しい折、おとさん・おかさん、術後のアーくんと元気なエルちゃんも
お身体ご自愛くださいね
Commented by ヒナタマンマ at 2016-08-05 14:42 x
本当に良かったですね〜。
そして術後のアー君のキラキラな瞳が見れて安心しました。
今の時点で心配事に対処できたのはきっとこれからの大きな安心になるだろうと思いますよ。 アー君万歳!
今年の夏は雨も雷も規格外みたいでそれだけは心配しています。
夏を乗り切ってもしも会えたらいいなぁと期待しています。 よろしくね。
Commented by arthur-cogi at 2016-08-07 01:53
☆こーうぶmamaさん
ありがとうございます。
本音はね、アーサーがまさか手術をするようなことになろうとは思いもしませんでした。
でもエコー検査をしたことで早期発見できて良かったです。血液検査だけで安心してたら、
知らないまま、きっと腫瘤が肥大していたかもと思ったらゾッとしました。ほんとに良い結果でよかったです♪
肝臓の薬も服用し始めてまもなく1年になりますが、シニアになると色々とでてきますね~
アーサーの復活!で今年後半はワンコみな安泰!元気に楽しく過ごしてほしいですね
コーチャンが見守ってくれてると思うので、うぶちゃんもmamaさんも頑張ってこの暑さを乗り切ってくださいね~。

Commented by arthur-cogi at 2016-08-07 02:17
☆ヒナタマンマさん
心配かけてしまってほんとにごめんなさいね。
摘出手術も心配でしたが病理検査の結果を聞くまで不安でいっぱいでね。
でも、してあげてきたことを色々と振り返ってみたら
アーサーは持ってるコ!!というのを確信していたし、信じてもいたので早期発見でき、良い結果に本当に安心しました。
免疫系統の臓器をだったので、これからも体に合わせた食事やストレスフリーを心がけて、いくつになってもキラキラなおメメ♪なアーくんでいられるように母が頑張らないとです。
幸い家の方は雷は1度だけでホッとしていますが雨も全然降らなくて、肩すかし、、というかんじ、ただただ暑いだけで引き籠っています^^;
是非是非!会えるのを楽しみにしていますので天皇杯頑張って勝利しますように~~!!1戦勝てば、会えるんでしたよね?よろしく~。
Commented by もび at 2016-08-14 09:38 x
アーくん、がんばったね!そして良かった!
細胞診の結果が出るまでどきどき生きた心地しなかったでしょう。
おかさん、心配でやせちゃったのでは?
数か月も心配しどうしで疲れちゃったでしょう。
アーくんは芯が強いからぐんぐん回復するよね。
にかにかアーくんのお顔を見て私もほっとしました!
Commented by arthur-cogi at 2016-08-17 00:45
☆もびさん
ありがとうございます♪
まさかアーサーのお腹にメスを入れることになろうとは思いもしませんでした~。。
でも脾臓を取ってしまっても、その後の体へのリスクは少ないと聞いていましたし
温存していて、もしも悪いものだったら他の臓器への転移が一番怖くて何度も話し合って決めましたが
良性で本当によかったです~。
アーくん、芯が強いかな~^m^エルの方がめっちゃ強いよ(笑
私?痩せちゃいないのよ、これが(汗 
でも良性の結果をもらってホッとした数日後にドッと疲れがでちゃいましたけどね^^:
今も毎日ニカニカアーくんでいてくれてます♡ 
Commented by ろんまま at 2016-09-09 06:39 x
おはようございます。
ちょうど同じ時期に脾臓摘出手術をしたミニピン『あんず』のママです。
その節はお世話になりました。
我が家も、検査結果は悪性ではありませんでした。
文章読んでて、ビックリ。
経緯が全く一緒。
先生に私だけで相談にもいきました(笑)
そこまで一緒で、(*´∇`*)

こうやって、笑えるようになって良かったです。
あんずも、今では、1個臓器がないなんて嘘のような元気っプリです!!
これからも、元気いっぱい長生きしてもらいましょうね‼

言葉に出すのが怖くて人に言えず、塞ぎ混んでいるところのピンイチママから教えていただき、アーサー君と一緒に戦えてとっても心強かったです。


Commented by arthur-cogi at 2016-09-15 02:20
☆ろんままさん
お返事遅れてしまいごめんなさいね~。
コメント頂き嬉しいです、ありがとうございます♪
本当にろんままさんと同じ思いで過ごされていたのですよね。
今もそうですが、あの頃のお気持ちが手に取るようにわかります。怖くて怖くて、、結論を出せるまで辛かったですよね。
あんずちゃんも頑張ってくれて本当に良い子でしたねー!
私もピンイチママさんからあんずちゃんのことを聞いて驚いてしまいました。
アーサーと同じ症状で、そして摘出手術も1日違いでしたものね。
あんずちゃんの手術の翌日にアーサーの手術で、無事に終えたお知らせを聞いて、良かったー!と安堵したと同時に、
アーサーもきっと大丈夫!と勇気をもらっていました♪
そして病理検査の結果も悪性でなく、これまたあんずちゃんと同じ!本当に本当に心からホッ~~としましたよねー。
経緯も一緒でしたか^^納得できるまで悩みに悩み、不安に思うことやリスクなどもすべてお聞きして
決心できるまで話し合いできて良かったなと思いました。
本当に良い結果で良かったですね~。
ろんままさんスゴイ!と思ったのが、画像を撮られていて私よりも一生懸命で冷静な所をお持ちだわ~と感心しました~。
私、、アーサーの摘出した臓器は見る勇気ありませんでしたし依頼もできず、結構ビビりな私なんですよ^^;
だいじなだいじな宝物ですものね、これからも元気で、共に楽しいこといっぱいして可愛い笑顔を見ていきたいですものね♪
アーサーも1個臓器がない子には見えませんよ~~^^
以前と何ら変わることなく毎日カワイイ笑顔でいてくれて半端なく食欲旺盛です!
あんずちゃんもずっとず~~と!元気でいてね~。
アーサーもがんばりますよー^^
by arthur-cogi | 2016-08-04 00:00 | arthurkun | Comments(8)